株式会社一粒社ヴォーリズ建築事務所と株式会社澤村が共同で創り上げた -育みの住まい- ヴォーリズムの家

仕様



空間が広くて、無駄が無い  現在の生活サイズに合った、新しい基準です

メーターモジュール工法/ゆとりの設計メーターモジュール

現在、住宅建築で使う木材は国外から輸入されているのが大半ですが、実はこの木材は「メートル」単位のサイズで輸入されています。しかし、日本の建築現場では「尺モジュール」という従来どおりの単位で建てられていました。日本古来からある「尺」は半間約91cmのため、尺モジュールの寸法に合わせるためには「9cm」分の木材をカットしていました。
「メーターモジュール工法」とは、今までの「9cm」分のカット作業コストを発生させずに、さらに「1m」という広い空間を生み出す新しい工法です。
今回の「ヴォーリズムの家」では、この「メーターモジュール工法」のメリットを最大限に活かし、無駄なコストを発生させず、さらに建築工程をコンピュータ制御で行うことで、作業の効率化を図ることができました。
大切な家づくりだからこそ、わずか「9cm」でも省コストへの努力をしていきます。

ゆとりの設計メーターモジュール

尺は「関東間」「関西間」など、地域ごとに1間の長さが違います。
そのため、地域ごとの基準単位に木材をカットする必要がありました。
「メーターモジュール工法」採用のヴォーリズムの家とぜひ比べてみてください。

各地域の一間のサイズ
尺モジュール
(尺貫法)
関東間 176cm 5尺8寸
関西間 191cm 6尺3寸
広島間 185cm 6尺1寸
中京間 182cm 6尺
団地サイズ 170cm 5尺6寸

メーター
モジュール
ヴォーリズムの家 200cm 6尺6寸